第1章 総  則

第1条 本団は、大津Zクラブと称し、勉強をおろそかにしない中学生の軟式野球クラブとして活動する。
第2条 本団の会員は、中学1年生から中学3年生までの入団適性検査を受けた者によって構成される。

第2章 目的および事業

第3条 本団は、団員の野球技術および学力の向上、リーダーシップの涵養により青少年の健全育成に寄与するをもって目的とする。
第4条 本団は、日的達成のため次の事業を行う。
・野球技術指導 ・学習指導 ・軟式連盟主催大会への参加
・その他本団の目的達成に必要とスタッフが判断した事業
第5条 本団活動中の不慮の事故については、加入保険での弁済のみとし、その他の責任をスタッフや他の団員には追求しないものとする。

第3章 スタッフ

第6条 本団のスタッフは、次のとおりとする。
 代表 1名  監督1名  ヘッドコーチ 1名  コーチ 若干名  アドバイザー 若干名 
 臨時コーチ(大学生含) 若干名  事務主事 1名  事務総務(会計)  若干名  
 進学カウンセラー 1名  審判部 若干名(保護者)
 会計監査 2名(少なくとも、内1名は保護者)  
第7条 本団のスタッフの任期は1年とし、再任は妨げない。欠員により選出されたスタッフの任期は、前任者の残任期間とする。
第8条 本団のスタッフは、スタッフ会議の了承のもと代表が任命する。ただし、無報酬の奉仕によって遂行されるものとする(保護者会で承認された行動費は例外とする)。
第9条 スタッフは、団として活動する上で知り得た団員の個人情報を守秘する義務を負うものとする。

第4章 団  員

第10条 団員は、「団員心得」を遵守し、団内の活動中のみでなく、学校生活や社会生活においても健全たることを旨とし、それにふさわしい基本的生活習慣を保つものとする。
第11条 団員の通学する中学校部活動(運動部)への入部は団と相談の上、決定すること。
第12条 団員の退団は、代表の許可承認を得なければならない。ただし、「団員心得」に則り、謹慎の結果、スタッフ会議の総意を持って、退団を代表が命じることができる。

第5章 保護者会

第13条 団員の保護者組織として保護者会を設ける。団の援護をもって目的とする。
第14条 保護者会は、保護者代表1名、副代表若干名をおかなければならない。他の役職については、保護者会規約に従うものとする。
第15条 保護者会規約は別途定めるものとする。


第6章 会  議

第16条 本団運営のため、代表が次の会議を召集することができる。
1.総 会  1.代表者会議 1.スタッフ会議  1.保護者会  1.審判部会
第17条 総会は、全スタッフ、全保護者で構成し、三分の二以上の出席者をもって成立する。
 総会は、定期総会と臨時総会とする。緊急の場合は、スタッフ会議をもって臨時総会にかえることができる。
第18条 代表者会議は、代表、監督、ヘッドコーチ、アドバイザー、事務主事で構成され、
 必要に応じ代表が招集し本団の予算、事業その他運営上必要な事項を審議し、議決する。
第19条 代表者会議は、本団の企画運営にあたり、事業実施案を立案し審議機関(総会等)にはかる。
第20条 本団の各会議事項の決定は、出席者の過半数をもって議決する。

第7章 会  計

第21条 本団の活動に要する経費は、会費および寄附金によって支弁する。
第22条 本団の会費は、月額3,000円を基本とする。
第23条 本会の会計決算は毎年、前期4月1日〜8月31日、後期9月1日〜3月31日とする。

第8章 会計監査

第24条 会計報告は、決算報告前に代表の承認と監査役の監査を受けなければならない。

第9章 細  則

第25条 本団の運営に関し、必要な細則は本則に反しない限りにおいて代表者会議の議決により定める。

第10章 附  則

第26条 この会則の改正は、総会において出席者の過半数の同意を得なければならない。
第27条 本会則は、平成24年3月20日より適用する。

【附記】平成24年11月総会にて、第1、2、11、23条を改訂。

【附記】平成30年1月スタッフ会議にて、第2、4、10条の表現を改正。

【附記】平成30年1月スタッフ会議にて、第6、12、18、22条を改訂。